やがみんの日記。

やがみんの日記。

92年生まれ。新卒地方公務員2年半で退職。精神障害、人生について、等雑記。

【2020年目標】

2020年3月(27歳)までに上京する。

 

関東か関西で塾を経営する。

 

その間の二年間は治療に専念する。

 

 

バイトしながら勉強して、

 

TOEIC750

数検準1級

化学検定1級

物理検定1級

 

を取得する!

 

 

 

変わるかもしれないけどとりあえず今の目標。

目標を持って生きる!

 

僕は一体何がしたいんだろう。

僕は何がしたいんだろう。

 

子供の頃から何がしたいか分からず、とりあえず普通科の高校を出て、数学が得意だったからとりあえず工学部出て、技術者になりたいわけでもなく、とりあえず公務員になって、働く意味も生きる意味も分からず迷走して…。

 

今の教育系の仕事はストレスを感じることなくやりたい仕事だと思う。

 

でも非正規で不安定ということもあり、もっと自分にしっくりくる仕事があるんじゃないかと思うこともある。

 

田舎の実家暮らしという現状にも違和を感じている。

 

まだもっと自分が輝ける場所があるんじゃないかとか考える。

 

体調が良くなって東京に出れば人生変わるんじゃないか、とか今考えても仕方ないことをネチネチ考えている。

 

でも歳をとるにつれて、徐々に自分に出来ること、やりたいことは少しずつ見えてきている実感はある。

 

焦りは禁物だけど、年齢制限のある仕事もあるからのんびりもできない。

 

体調を優先しつつ、しっかり将来を考えたい。

バイトの責任感。22歳と26歳の違い。

バイトは正規雇用に比べ、時給は安いが責任が少なく精神的には楽だ。

 

僕は精神的に弱くて責任の重圧に耐えられそうになかったので非正規の働き方を選び、概ね満足している。

 

でも最近気が緩んできたので気を引き締めるためにこの記事を書いている。

 

 

 

責任が少ない=手を抜いていい ではない。

 

 

やはりオーナーからお金をもらって働かせてもらっているし、生徒たちは高い授業料を払って来てくれているので手を抜いてはならない。

 

 

誰にでも性格の相性や得意不得意分野はあるけれど、僕にできることは精一杯やらなければならない。

 

職場に出たらその日に嫌なことがあっても明るく笑顔で振舞うことは当たり前だし、勉強だけでなく言葉使いやモラルを教えることだって仕事だし、不眠でしんどい時だって出勤前に栄養ドリンクでドーピングして行くぐらい僕は本気でこの仕事がしたいし、しているつもりだ。

 

 

 

「時給安いしバイトだから手を抜いてもいいや」

「だるいから早くバイト終わんないかなあ」

 

と、就活が終わって短期バイトをしていた大学4年生22歳の当時ははよくそんなことを考えていた。

 

社会の波に揉まれ、就職と退職の挫折を経験した社会人4年目26歳の今の僕は働くことの考えが少し変わった。

 

小遣い稼ぎのために働くのか、やりたくてやっているのかでモチベーションがだいぶ変わる。

 

鬱期が長く何も成長してない3年間だと思っていたけど、あんなに働くことが嫌だったのに少しは働く事に前向きになれてよかった。

 

夏は受験の天王山。

7月から夏期講習が始まる。

 

夏は受験の天王山。

 

僕は受験生ではないけれど、受験にはかなり思い入れがあるので転職して初めて迎えるこの夏は特に気合が入っている。

 

中3、高3の生徒にはいつも以上に気を引き締めて対応したい。

 

 

 

受験生たちは、学校の講習、部活がある人は部活動、塾の夏期講習、休みの日には過去問を解き続け寝る間を惜しんで勉強をする。 

 

だから僕も勉強不足にならないように受験生以上に勉強しないといけない。

 

勉強以外にも、精神的な課題、体調の課題、人生、仕事の課題、色々と抱えているものはあるけれど、それは皆も同じ。

 

 

この夏は受験生と一緒に頑張るぞ!

 

【体調記録】

6月に入ってから体調がいいと感じていたので、外出したり勉強したりと行動量を増やしてましたが、その反動が来て1週間近く寝込んでます。

 

仕事にはなんとかちゃんといけてます。

一年は休まずに続けたいです。

 

体調も悪いし、死にたいという感情がまた強くなって来てます。

 

加えて住民税の額を見てかなり絶望しています。

 

せっかく良くなった気がしたのにまた振り出しに戻った感じで生きるのが辛いです。

 

安静に何もせず寝ているだけの生活はもどかしくなりますが早く寛解してほしいです。

 

 

 

YouTubeで鬱や非正規のドキュメンタリーを見て辛いのは自分だけじゃないんだと元気をもらってます。

 

 

どうしてこうなったんだろう。これからどうなるんだろう。

 

ケチな生き方をやめたい。

僕は金銭的にも精神的にもケチなことが多い。

 

完璧主義なところがあり、人生やお金の無駄を嫌って効率を考えては失敗して自滅する。

 

自分の性格にかなり生きづらさを感じている。

 

漠然とした何かに焦って生きていてなぜか心に余裕がない。

 

もう少し楽観的に心を広く持ちたい。

 

素直に生きたい。

 

自分だけでなく周りと協調していきたい。

周りの人を信じたい。

 

 

心の傷。月日とともに。

僕が鬱病かもしれないと思い始めたのが、2017年の1月。

 

その後、対人恐怖症、不眠症摂食障害など完全に病気だと認識したのが5月。

 

年末に退職するまでずっと苦しみ、退職後はストレスは減ったものの体調は最悪だった時期とあまり変わらなかった。

 

 

でも今月に入ってから、動ける日が増えたり物事に集中できる事が多くなった。

 

よくなったと感じるまで退職してから半年もかかった。しかもまだ元気だった頃に比べるとかなり酷い。

 

でも少し希望が持ててきた。

 

こうして少しずつ月日とともに心の傷が癒えてくれる事を願う。

 

 

もし、精神障害で苦しんでいる方は月日とともに回復すると信じて生きて欲しい。