だるいから公務員辞めてみた。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるいから公務員辞めてみた。

真面目系クズ、コミュ障、社会不適合者、新型鬱。ホワイトで人間関係もよかったけど、働くのだるいから県庁辞めたゆとり世代。嫌いな言葉「残業」「努力」「責任」。

ブレないブログ軸を持ち続けたい。

最近、いろいろなブログを見るのが楽しみのひとつになってきた。以前の何しても無気力だった状態から少し回復した。

 

だけど、それと同時にあまりよくない焦りを感じてしまっている。

 

・ブログで読者を増やしたい

・もっと行動しないと

 

という焦りだ。

 

読者数の焦りについては、僕のブログの目的は読者を増やすことが目的ではないので気にしたくない。自分のために、思考整理や備忘録のためにブログをやっているので、読者が読みやすいように画像を添付したり、文字を太くするとかは面倒なのでしない。

 

でもほかのブログを見ていると、つい読者数を比べてしまう。僕は昔から人と比べてしまう悪い癖がどうしてもある。そのせいで自分の本来の目的を見失いそうになる。僕は気が向いたら投稿して、飽きたら辞めるという緩いスタンスでやっていきたい。まぁ現実的にもブロガーの数も日に日に増え続け、ブログで成功するのはかなり至難の技になったと思う。

 

そもそも僕の書きたい記事は元気を与える面白い記事や勇気を与える明るい記事より、鬱記事や社蓄記事といったあまり好まれないネガティブな記事だ。書きたいことが書ければそれでいいので、マイペースで緩くやっていこうと思う。

 

もう一つ、ほかのブログを見ていると、「なにか行動しないと」という焦りを感じる。よく見るブログの系統が自己啓発系ということもあって、行動意欲に駆り立てられる。

また、ブロガーさんの多くは上昇志向で、セミナーに行ったり、本を読んだり、行動的だ。そういう記事を見るたびに、自分も行動しないと、となんだかそわそわする。これも他の人と比べてしまっていることが原因なのだけれど、この性格はなんとかならないものか。この性格のせいで非常に生きづらさを感じてしまう。直したくてもなかなか直らない。

 

 

結論、他のブログを見ることは好きなのでそれは変わらず続けていきたい。僕のブログの方はマイペースで緩く書きたいことだけ書く、というスタンスでやっていきたい。

 

ただの決意表明みたいになっちゃったけど、いちいちこういうことも文字にしないと思考整理ができないのだ。まぁこれで自分の感じていた焦りの正体が分かったからよしとしよう。

 

 

 

「没頭」のパワーは人間の三大欲をも凌駕する。

没頭を経験したことがあるだろうか。

 

僕は没頭経験者である。没頭のパワーは本当に恐ろしい。

僕が大学2年の夏休みだった頃、とあるオンラインゲームに没頭した。

 

その時体験したのは人は没頭すると、人間の三大欲すらも凌駕するということだ。三大欲とは「睡眠欲、食欲、性欲」のことを言う。

 

まず睡眠欲。ゲームに熱中しすぎて夜更かしの経験は誰しもあると思う。でも僕は夜更かしどころか、昼夜逆転して、さらに反転して、夏休み中は16時寝22時起きがデフォというゲーマーに仕上がっていた。ゲームがやりたすぎて睡魔が全く襲ってこなかった。最高43時間寝ずにゲームしていた日もあった。

 

次に食欲。食欲も全く襲ってこなかった。食べても味がしなかった。とりあえず食パン3枚くらい胃に放り込ん食事終了って感じだった。元々は食事量は多い方で65キロくらいあった体重が休み期間で勝手に5キロほど落ちた。休み明けは元に戻ったけど。

 

最後の性欲。こちらも全く湧いてこなかった。普通の大学生ならエッチな動画とか見るんだろうけど、そんな暇があったら少しでもゲームがしたくてたまらなかった。

 

 

 

結局そのゲームはそこそこ強くはなったけど、そのスキルは人生で全く役に立っていない(笑)。あえて言えば、没頭というフロー状態?を経験ができたことはよかったのかもしれない。

 

このぐらい仕事に没頭できれば人生楽しいと思う。ただやはり一般的な会社勤めではゲームやギャンブルのような没頭する要素が少なく、没頭は難しいと思う。だから好きなことを仕事にしている人は強い。稼ぎがいいとか悪いとかは関係ない。没頭できるかどうか。そこに焦点を当てて仕事をしたい。

 

ようやく「情報発信」という生きがいを見つけた。

僕は退職する一年前から今まで、何に対しても、くだらない、人生クソ、いつ死んでもいい、って思っていた。巷でいう、無気力症候群とか人生無意味症候群になっていて生きる気力がまったく湧かなくなっていた。

 

自己啓発、人生論、たくさんの本を読んで人生意義を様々な角度からアプローチして、「人生に意味はない、だからこそ自由に楽しめ」っていう発想にも至ったけれど、読んだときは変わった気がするけど結局何も変わらなかった。

 

ところが最近、生きる楽しみを見つけることができた。それが「情報発信」だ。このブログに自分の考えていることを書くことが好きになってきた。情報発信するために、ネタ探しで紹介したい本を読んだり、音楽を聴いたり、出かけてみたり、いろいろやりたいことができた。

 

他のブロガーさんの記事を見るのも楽しみになった。新しい考えに出会えた時はワクワクする。自分の興味のないジャンルの商品紹介や漫画映画の紹介記事も見てみたら、なんだか面白そうって思えるようになって、ちょっと気力が出てきた。

 

ブログの他にもYouTube活動もしてみたい。実は過去に趣味の動画を、iPhoneの容量がもったいないからという理由で、なんとなく上げたことがあるんだけど、それが5万再生くらいいって、ビビった経験がある。今はその趣味も飽きちゃったけど、これからは、歌ってみた動画とか、ゲーム実況とか、商品紹介とかやってみたい。行動するかは別として(笑)。

 

YouTuberのパイオニア、ヒカキンもスーパーの店員をしながら、趣味のビートボックスの動画なんとなく公開したら爆発的に再生数が伸びて、日本一になったみたいだし、自分の好きなことを発信することは本当に大事だと思う。

 

 

ずっと無気力でしんどかった時期も長かったけど、ちょっとだけやりたいことができてきた。僕の人生浮き沈みが激しくて、そういう時どういった心情なのか分析できるようにそのとき思ったことをこのブログに書いて記録していこうと思う。

たった一日で読者0⇒26になった話。

ブログ初めて1ヶ月半。一昨日から昨日に掛けて、たった1日で読者が0人から26人に一気に増加した。特に面白い記事を書いたつもりはなかったのに驚いた。

感想を書きたいのだけれど、まじでパニックってて何から話していいか分からない。

 

とりあえず、僕のブログのスタンスから話そう。

僕のブログの目的は自分の思考整理と情報発信で人様に読んでもらう内容じゃなく、自分のためにやっていたものなので、読む人のために画像を付けたり、文字を太くしたりする気はなくて、匿名だし思ったことそのまま書いて、暴言も吐くし、イタイ記事も書いたりしていて、読者がつくとは思ってもいなかった。

 

ところが、たった一日で読者が26人も増えて、昨日はiPhoneが鳴るたびに動揺してドキドキした。このドキドキの正体を今冷静になって分析すると、多分、自分に自信がないせいだろう。ブログ歴たった1ヶ月の、ど新規にわかの未熟なブログを見られるのが恥ずかしい、迷惑じゃないかな、と思う。

 

それに加え、批判が怖い。自分の考えを否定されたり、注意されたりするのが怖い。公務員の時も自分より立場の上の人が近くにいるだけで怒られるんじゃないか、迷惑かけてないかな、とか考えていて、生きた心地がしなかった。

 

 

こんな感じでネガティブで自己肯定感が低い人間なわけなんだけど、昨日読者増加の他に、ブログで今までもらったことのないスターを30個近くも頂いた。その時、実は涙腺が緩んだ。僕は基本、周りの人は信用してなくて、友達は少ないし、一緒に遊んでもあまり楽しいと思わない冷めた人間だ。

 

だからか、昨日スターをたくさんもらった時は、自分を肯定してくれた人がいることに泣きそうになった。自分の存在価値を感じた気がした。

 

 

正直、「今までのイタイ記事を消そうか」、「これからは万人受けするブログにすべきか」とか考えたけど、やっぱり自分のスタンスを曲げずに発信していこうと思う。

 

僕のブログには僕のブログの価値があると信じてやっていきたいと思います。読者になってくれた方に本当に感謝。

他人の噂話とか気になるけど聞かないほうがいい理由。

情報社会の現代、情報弱者が損をする時代だ。でも一つ、情報を得て損をするものがある。それが他人の情報、噂話だ。

 

例えば、学歴や結婚歴。こんな情報な得たところで何の役にも立たない。むしろ、その人を偏見の目で見たり、その人の人生の無駄な心配をしたり、劣等感優越感を感じたりと自分にとって害がある。他人のことを考えてる時間が無駄だし、比べる意味もない。

 

他人が噂話してたら気になるし、聞きたくなるけど、僕は聞かないようにしている。僕からも噂話は振らないし、他人の悪口も言わない。

 

まぁ、僕が単に本人に伝わるのを恐れている小心者なだけだけど。実際、グチるのはストレス発散になるって人もいるし、僕みたいに溜め込んでブログとかに暴言吐くよりはいいのかもしれない。

 

あと、社会人になって女性の先輩とかも何人かいるわけだけど、女の人はどの年代も本当に群れるのと噂話が好きだなあって思う。昼休みになると、何人かで固まってグループ化する。そしてグループ間はなんか壁があって敵対してるような空気を感じる。そして聞こえてくる話題はだいたい噂話か悪口たまに美容。

 

1人が好きな僕は女の人間関係は見ていてめんどくさいなぁと感じる。昼飯ぐらい一人で食いたいな。

 

まとめると、噂話のようないらない情報は過去のプライドと同じく生きてく上で足枷でしかないから、捨てたほうが身軽に生きられるよって話。

ミニマリストが幸せな理由。モノを持たない幸福論。

ミニマリスト的生き方が近年流行している。僕も完全なミニマリストではないけれど、モノはより少なくするのを心がけてきて、ミニマリストを意識している。

 

僕が思うモノがあることによる害を挙げてみる。

 

・空間的コスト 

・管理コスト 

心理的コスト    

 

まず、空間的コストだが、モノがあると単純に窮屈になり圧迫感がある。生活するにも広いに越したことはない。

 

次の管理コストだが、モノを持つとそれを入れるカゴだったりケースだったりも必要になる。キレイに保つために洗濯したり拭き掃除したりと手間もかかる。壊れたら修理しなきゃならないし、管理するにもコストがかかる。

 

最後に心理的コストだがこれは、「まだ使えるからいつか使わないともったいない」「どこにしまったか忘れないように覚えとかなきゃ」といったそのモノに対する心理的な圧迫感だ。そんなくだらないことに悩んでる時間の方がもったいない。「いつか使えるから」と思っているモノは捨てたほうがいい。

 

 

僕は数年前まで捨てるのが苦手で、旅行先の思い出にとっといたパンフレットや使う機会がほとんどないであろう、足枕、布団乾燥機、水着、グローブなど一応とっといたんだけど、僕の生活習慣的に使わないと思って去年捨てた。思い出なんかは今はクラウドに写真を保存しとくだけで十分だし、その写真すらなくなっても別に困らない。

 

僕はある出来事の経験や感情は忘れることはないと思っていて、今でも昔の旅行の情景をはっきりと思い浮かべられる。だから思い出をモノとしてとっておく価値はないと思っている。もし忘れたらそれだけしょうもない出来事だったということだろう。

 

バブル期以前は物を所有することが幸せな時代だったけど、今の時代あまり使わない物は、レンタル、シェアで十分賄える。車、CD、シェアハウス、礼服、水着、自転車、、、なんでも借りられる。大事な本や手紙とかも電子で保存できる時代なんだから書類なんかも取っておく必要がない。

 

もし、友達がいるならお互い貸し借りすればいい。そしてコミュ力がある人は友達の友達の友達、、、みたいに借りる範囲が広がっていけばコストもかからないし、人脈も広がっていいと思う。ただ僕はそもそも友達が少ないし、あまり義理を作りたくないから友達とはあまりやり取りしないけど。

 

 

「Less is more.」(より少ないほど、より豊かである)

 

世界三大建築家の一人で「近代建築の父」と呼ばれている、ドイツ出身ミース・ファン・デル・ローエの名言だ。モノを所有することでリスクのある時代、完璧なミニマリストになる必要はないけど、モノが少ないほうが生きやすいと思った。

 

人生はシンプル。生きてるだけで丸儲け。

「生きてるだけで丸儲け」

 

これは明石家さんまさんの名言だ。この言葉で何度も気持ちが楽になった。僕は24歳。世間的にはまだ若い分類に入る自覚はある。なのになんでこんなに鬱屈としているんだろう。

 

別に幸せかどうかに若さは関係ない。でもやっぱり若いうちに、勢いのあるうちに、なにかしないとっていう焦燥感がいつも拭えない。思うだけで行動力が皆無だから余計自己嫌悪になる。人生早く終わればいいのに、っていつも思う。。。

 

 

僕は何を悩んでるんだろう。人生はシンプルなはずだ。生きて死ぬ、それだけだ。それなのに僕ら人間は、周りと比べ、周りを気にしながら、お金に縛られ、仕事に明け暮れ、くだらないことで悩んでいる。

 

動物の中で自殺をするのは人間だけらしい。人間以外の動物はただひたすら死ぬまで生きる。それだけだ。彼らの死ぬまでの人生はある程度遺伝子にプログラムされていて、飯を食う、メスと交尾する、といった行為は無意識な行動だろう。カマキリなんかは交尾の後、オスはメスに食べられる。人間から見れば呆気ない人生だが、オスにとっては子孫を残すという人生最大の目的を達成したから本望なのだろう。

 

我々人間はどうだろうか。人生の目的なんかない。大脳が異常に発達したせいで、死ぬまで生きるというシンプルな人生を複雑にしている。死ぬまでの間、何をどうしようが自由なはずだ。なのに、義務教育を9年間、高校に進学、大学に進学、退学留年は御法度、大企業に就職、結婚、貯金、保険、マイカー、マイホーム、、、世間体や常識に縛られ、答えも正解もない生きる意味について考える。

 

 

「生きてるだけで丸儲け」

 

生きてること以上に欲するものはもうこれ以上ないんじゃないだろうか。コミュ力が欲しい、人脈が欲しい、資格が欲しい、もっと自分を高めないと、、、僕はいつもこう思っていた。でも一日中ゲームしてようがいいじゃないか。生きてるだけで十分じゃないか。死ぬまで生きる、それだけだ。だったら自由に生きればいい。人生は死ぬまでの暇つぶしだ。

 

人生に疲れてきたけど、人生をシンプルに考えることで楽になった。鬱っぽくなった時はこのことを思い出そう。