だるいから公務員辞めてみた。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるいから公務員辞めてみた。

真面目系クズ、コミュ障、社会不適合者、新型鬱、AC。働くことがだるくて県庁退職を決意。自由でありたい。

生い立ち。自己紹介。詳細版。

ブログを始めた初日に書いた記事がザックリ過ぎたので、詳細版を作ってみました。

ザックリ版↓

sinsekainokami48.hatenablog.com

 

 誕生~幼稚園

北海道の田舎で生まれる。記憶がない。

 

 

幼稚園時代

北陸へ引っ越す。人口1万人の小さな町。ほぼ記憶がない。今でも仲のいい幼馴染が数人いる。

 

 

小学時代

入学して3ヶ月後親が離婚。苗字変わったことで、過激ないじめはなかったけど、からかわれたりして結構つらいものがあった。

 

野球と剣道と水泳を一時期だけやる。

 

暗い子供だった。友達とゲームばっかしてた。

 

小学時代はゲームとアニメぐらいしか楽しかった思い出がない。

 

 

中学時代

田舎の小規模な中学へ進学。コミュ障を自覚し始めた。思春期で女子とは話せないし、友達も他のクラスに数人しかいなくて、浮いてて人生で一番辛かった。死にたいって何度も思った。休みたくても親や教師に怒られるから無理して通い、毎日生き地獄だった。

 

部活は一応やったことがある野球。楽でも厳しくもなく普通。

 

成績はまあまあ良かった。成績表は大体5か4だった気がする。

 

中学時代は毎日生き地獄だったからいい思い出が一つもない。楽しかったのはゲームぐらいしかない。

 

 

高校時代

地元の自称進学校に入学。

 

生き地獄だった中学を抜け出し、ここから記憶が鮮明になる。

 

コミュ障はちょっと良くなる。友達にも恵まれ中学時代に比べたらだいぶ増えた。イケイケの人が減って真面目な人が増えたからかもしれない。でも相変わらず女子とは話せなかった。

 

文化祭、体育祭はほとんど活動しなかった。でも同じように活動的でない友達がいて、一緒に過ごしていたからそれはそれで楽しかった。

 

部活は野球。下手くそでやる気もなかったけど、うちの高校は全員強制部活加入で文化部に入るのはなんとなく恥ずかしくて、他にできるスポーツもないし、緩い監督で厳しくもなさそうだからとりあえず入った。

 

ところが、監督が代わりめちゃくちゃ厳しい人が来た。根性がなくすぐ諦めてしまう僕はめちゃくちゃ怒られた。辞めたかったけど、友達や親の目を気にして辞められず、ほぼ毎日怒られてたけどなんとか頑張り抜いた。

 

結局、初戦敗退したけど、泣いた。辛かったしもう二度とやりたくないけどいい思い出だった。

 

成績は悪かった。部活のせいにしたりして、サボってて赤点もたまに取ってた。3年の10月時点のセンター模試は良くて5割。そっから死ぬ気で勉強してなんとか地元の国立大学へ進学できた。受かった時は泣いた。

センター試験のエピソードは以下↓ 

sinsekainokami48.hatenablog.com

 

部活と勉強ばっかだったけど、僕が努力することなんてないから濃い高校時代だった。

 

 

大学時代

大学時代は本当に最高だった。高校の反動で堕落しまくって人生の夏休みだった。

 

コミュ障は相変わらずだったけど、大学は人が多くて似た価値観の人もたくさんいて、その人たちとつるんでたから楽しかった。

 

ただ2回生の時に飲み会で周りに迷惑掛けちゃって、自己嫌悪になって、人と会いたくなくて、引きこもったことがある。お金も知恵もなくてどうしていいか分からず、ただただ自己嫌悪になって1年くらい引きずって辛かった。なんとか単位は取れたけど。 

 

講義はどれも全く興味がなくつまんなかった。テストは過去問あったから苦戦はしなかったけど、授業が退屈で嫌だった。まぁスマホで遊んでたからいいんだけど。

 

就活は苦戦した。安定してる公務員を目指したんだけど、筆記では専門科目が理系科目でそこそこ得意だったから筆記は苦戦はしなかった。問題は面接だ。コミュ障過ぎて会話中頭が真っ白になる。どうしようもなくて、もう強硬手段に出て、聞かれそうなことは全て網羅して回答を全て用意して丸暗記した。頭が真っ白になっても言葉だけは発せられるように必死に丸暗記した。それでなんとか合格できた。社会人になりたくなくて、仕方なく周りに合わせて就活してた感じだから特に嬉しくはなかったなあ。

 

 

社会人 (県庁職員)

最初は頑張ろうと思ってやってたけど、半年経った頃には辞めたくなっていた。

過去の記事に全てを詰めてます。ご覧下さい。↓

sinsekainokami48.hatenablog.com

 

社会人になって2年ちょいだけど、就活の時思っていたとおり楽しくない。

ただ、お金が入るのと人生の選択肢の自由度が増えたことはいいかもしれない。

 

 

 

 

 

 

・・・

 

今後辞めたあとのことはこれから追記していくことになります。

今まで楽しくない時期の方が圧倒的に長いけど前向きに頑張ります。

 

 

 

ブログの名前変えてみた。ブログを生きがいにしたい。

ブログの名前を変えてみた。

 

というか、戻した。

 

sinsekainokami48.hatenablog.com

 

 

やっぱりこっちのほうが僕は好きだなー、と思って。

 

僕の言ってることややってることに一貫性ないなー。

 

人生にも迷走してるし、ブログでも迷走してる。

 

飽き性なのは昔からで、何かにハマると物凄くハマるけど、すぐ飽きる。

 

ブログも楽しんではいるけど、物凄くハマっているわけでもなくて、書きたい時は物凄く書きたいけど、ダメな日はダメだ。

 

最近は、また人生無意味症候群みたいになって、「こんなくだらないこと書いても意味ないな」みたいな思考になって気分も暗い。

 

「ネガティブの処方箋は没頭だ」ってのは思っているし、実感してきているけど、一時的で長続きしないのはどうしたらいいのだろうか。

 

 

 

 

 

それで、自分で一つ気づいたことがある。

 

ブログをやっているときは割と満足して生きている。

 

だから、ブログを生きがいにしたい。

 

今、書いている時も、書くまではネガティブでだるかったけど、書き始めてみると、キーボード打ってると、割と楽しい。

 

思っていることをざっくりでいいから書くことで僕はネガティブから逃げれるんじゃないか、って思った。

 

ブログは僕がなんとか生き残るための処方箋かもしれない。

 

 

 

 

ブログの名前を変えた話から、随分飛躍したけど、戻す。

 

あまり名前とかコロコロ変化するのは良くないかもしれないけど、僕はこういうのは結構受け入れる。

 

例えば、アーティストとかyoutuberが「昔のほうがよかった」とかたまに言われるけど、変化は大切だと思う。

 

やってみて違ったら切り返すだけだし、イノベーションを積極的に取り入れるべきだと思ってる。

 

 

 

計画立てずにべらべら書いたから、話が飛び飛びになってしまった。

 

とりあえず、自分的に満足。

退職を申し出て一週間。近況報告。

あの心臓が破裂しそうだった申し出から一週間。

 

近況を書いてみる。

 

結論から言うと、僕も上司も忙しくて、話が進んでない。とりあえず辞める旨を伝えただけ。

 

申し出た後、気まずくなるかなー、って思ってたけど、上司の対応も変わらなくて安心している。

 

僕が意識しすぎなのかもしれない。

 

月末に大きな出張会議があるから、次の話し合いは六月以降になりそうだな。

 

理想は今から仕事を緩やかに減らしていって引き継ぎしたいから7月末がいいんだけど、現実は早くて8月末になりそうだな。

 

あと3ヶ月…。

 

長い…。

 

最近、ますます仕事が嫌になって、仕事中トイレに逃げてツイッターとかやってる。

 

クズっぷりがハンパないけど、ストレスで暴飲暴食して不健康になるし、不眠症で寝られないし、3週間前から続いている耳鳴りが一番ひどい。

 

一刻も早く辞めたいな。

 

 

 

 

ブログ論。太字とか文字色とか「!」を好まない。

僕が書く記事はほとんど太字とか文字色とか「!」(エクスクラメーション・マーク)を使わない。

 

たまに、使って下書きしてみたりするけど、なんか僕が使うと気持ち悪くて、すぐ修正する。

 

似合わないし、好まない。

 

自分でもよく分かんないけど、たんたんと抑揚がない文が好きなんだろう。

 

というか、「!」とか普段のラインでも一切使わないし、リアル会話でも抑揚がない喋り方だ。

 

語尾に「!」をつけるような明るいキャラじゃないし、そんなエネルギッシュじゃない。

 

だからブログでも「!」とか使うとなんか自分じゃない気がする。

 

それでも胸の内には「ビッグになってやる」みたいな熱いものは持っていて、表面との温度差が激しい。

 

めんどくさいやつだ。

 

学生の頃はリアルでは割とキャラを作ってて明るく振舞っていたけど、やっぱりあの頃は結構無理していた気がする。

 

そういう意味では今が一番自分らしく生きている気がする。

 

ブログという素の自分でいられる居場所があるからそう感じるのかもしれない。

 

リアルではなかなか「残業だるい」とか「家族苦手」とか言えないからね。

 

 

 

 

もう一つ、ブログの話をすると、僕は思いついたネタはささっと書いてしまう。

 

ブログのテーマも決めてないから好きなことを適当に書く。

 

ブログの名前を「やがみんの日記」っていうシンプルにしているのも、「ただの日記だからテーマも生産性もないよ」って意味でそうしてる。

 

だから、基本短いし、論点がずれてたりする。

 

でもそれは、誰かにじっくり読んでもらうためじゃなくて、自分の考えをアウトプットするのが目的だから、これで僕は満足している。

 

毎回勢いで書いてるから、 見返して変だったら後でリライトしたり、気に入らない記事は削除してる。

 

ブログは娯楽として見るのも書くのも好きだけど、思い入れはない。

 

というか、僕は何に対しても思い入れはない。写真やアルバムも一切見ないし、家族や友達も死んだりしなければ、縁を切ってもいいと思ってる。(悲しい人間だなあ)

 

あと、最近意識していることは、下書き溜めてもしょうがないから、書いたらその時の感情を忘れないうちに投稿するよう心がけてる。

 

後から投稿すると、なんかその時の熱が冷めて、無難な文に書き直したくなるから。

 

 

たまに、自分の軸やブログ軸をしっかり持つために、こうやって決意表明するのが好きだ。

 

 

こんな感じで適当で、抑揚もなくて見にくいだろうけど、飾らない自分らしいブログを目指してます。

心だけは若くありたい。ミレニアムベイビーを見て思ったこと。

ふと思ったこと。

 

今の高校3年生ってミレニアムベイビー(2000年生まれ)なんだよなぁ。

 

僕が大学時代ぼーっと過ごして、社会人になってからもパッとしなかったせいか、受験勉強で必死だったのがついこの間のように思える。

 

もうこんなに歳喰ってしまったのか。

 

体だけ成長して、心はガキのままだ。

 

厨二病だし、ピーターパン症候群だし、この歳でYouTuberに憧れてるし。

 

でもそのおかげ?で野心だったり、夢や理想を追う好奇心や純粋さも兼ね備えていたりする。

 

24歳だけど未だに今が青春だと思っている。

 

自分でも結構イタイと思うけど案外こんな自分が好きだったりする。

 

僕の場合は、現実考えてなすぎかもしれないけど、心だけはいつまでも少年でありたい。

 

 

 

野心や好奇心を失ったらそれこそ人生クソゲーじゃん。

 

幾つになっても夢を語れる人間って面白いじゃん。

 

自分らしく生きれればいんじゃね。

 

 

と珍しくポジティブに書いてみた。

 

 

 

 

ゲームには生産性が無いが、「幸せ」という最強の付加価値がある。

ゲームはよく、生産性がない趣味と言われているが、「幸せ」という最強の付加価値がある。

 

それを実感した体験談を書いてみる。

 

 

土日の話。

 

平日は残業のせいでゲームとか趣味の時間が全くなくて、土日は学生時代好きだったゲームを久しぶりにやりまくった。引きこもって20時間はやった。 

 

本当に楽しかった。幸せだった。

 

 

僕は、ゲームは生産性がない趣味だから時間の無駄だ、とか思ってた時期があって避けてたこともあったけど、考えが一変した。

 

 

ゲームは確実に僕を幸せにする。

 

ゲームをしている時に最高の幸福を感じる。

 

 

理由は、前の記事で書いたこともあったけど、おそらく没頭しているからだ。

 

 

sinsekainokami48.hatenablog.com

 

 

 

好きなことに没頭している時、幸福を感じ、生きてる実感を感じる。

 

生産性とか、利益とか、そんなことはどうでもいい。

 

生産性を求めるなら、プロゲーマーになったり、ゲーム実況をやって稼ぐことは可能だから、それが向いてる人ならいいと思う。

 

でも僕には実況はあまり向いていないようだ。以前、実況動画を試しに撮ったことがあるけど、話が続かなくて、面白くなかった。

 

好きなことで金が稼げれば一番いいんだけど、そんなうまい話はやっぱりなかなかなくて、それを追い求めて苦しむよりは、金にならなくても没頭できる趣味を持っているだけで充分だなぁと思った。

 

 

 

 

 

引きこもろうが、オタクだろうが、幸せならそれでいい。

 

 

 

生産性は全くないゲームだけど、幸せという最強の付加価値がある。

 

ネガティヴな人にとって、没頭こそが最強の処方箋なのだ。

 

 

と、身をもって体感して充実した土日であった。

 

 

辞めたい動機。

「人生一度きり。後悔だけはしたくない。」

 

凄くありきたりな言葉だけど、僕が公務員を辞める決意をしたとき、結局この言葉が一番響いた。

 

大卒離職率三年三割というけれど、公務員に限っては一割未満だ。

 

理由は、稼げはしないけどクビにならず、年功序列で安定しているからだろう。

 

それを辞めるというと、「アホか」とか「公務員すら続かない奴は使えない」とか、思われるらしい。だから辞めることに物凄く悩んで苦しんだ。

 

でもそういう世間体を気にしてやりたい事をやらないのは人生腐ると思った。

 

 

 

僕が今やりたいことは、具体的には、

 

・東京に住んでみること。

 

これだ。

 

 

高校までは人口1万以下の田舎町。

大学も県庁所在地で田舎育ちの僕からしたら都会に感じたけど、いわゆる地方都市。

 

今もこのまま県庁で働き続けたらずっと県内でしか異動しない。

 

 

残業がだるいとか、週5はきついとか、そのようなネガティブな理由は置いといて、一番僕を動かした動機は上京してみたいことだと改めて思った。

 

 

 

 

人口が多くて、雪が降らなくて、車のいらない、今まで住んだことのない別世界の東京に住んでみたい。

 

 

 

 

そんな好奇心で、公務員を辞めることにした。

 

こんな動機を親や友達に言うと、「もったいない」って絶対言われるけど、「やりたい事をしない方が人生もったいない」と本気で思ってる。

 

多分、これからお金がない生活になるんだろうけど、未来の心配をすることには意味がない。時間の無駄だ。

 

誰にも理解されなくても少数派でも自分の決めた道をどこまでもいこう。 

 

 

 

 

 

僕のブログは結構似たような事を繰り返し書いてたりするけど、自分に言い聞かせ、意識を刷り込み、奮い立たせるために何度でも書く。

 

 

 

 

 

人生一度きり。後悔だけはしたくない。

 

好きなことして生きていく。