だるいから公務員辞めてみた。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるいから公務員辞めてみた。

真面目系クズ、コミュ障、社会不適合者、新型鬱。ホワイトで人間関係もよかったけど、働くのだるいから県庁辞めたゆとり世代。嫌いな言葉「残業」「努力」「責任」。

ブレないブログ軸を持ち続けたい。

最近、いろいろなブログを見るのが楽しみのひとつになってきた。以前の何しても無気力だった状態から少し回復した。 だけど、それと同時にあまりよくない焦りを感じてしまっている。 ・ブログで読者を増やしたい ・もっと行動しないと という焦りだ。 読者数…

「没頭」のパワーは人間の三大欲をも凌駕する。

没頭を経験したことがあるだろうか。 僕は没頭経験者である。没頭のパワーは本当に恐ろしい。 僕が大学2年の夏休みだった頃、とあるオンラインゲームに没頭した。 その時体験したのは人は没頭すると、人間の三大欲すらも凌駕するということだ。三大欲とは「…

ようやく「情報発信」という生きがいを見つけた。

僕は退職する一年前から今まで、何に対しても、くだらない、人生クソ、いつ死んでもいい、って思っていた。巷でいう、無気力症候群とか人生無意味症候群になっていて生きる気力がまったく湧かなくなっていた。 自己啓発、人生論、たくさんの本を読んで人生意…

たった一日で読者0⇒26になった話。

ブログ初めて1ヶ月半。一昨日から昨日に掛けて、たった1日で読者が0人から26人に一気に増加した。特に面白い記事を書いたつもりはなかったのに驚いた。 感想を書きたいのだけれど、まじでパニックってて何から話していいか分からない。 とりあえず、僕の…

他人の噂話とか気になるけど聞かないほうがいい理由。

情報社会の現代、情報弱者が損をする時代だ。でも一つ、情報を得て損をするものがある。それが他人の情報、噂話だ。 例えば、学歴や結婚歴。こんな情報な得たところで何の役にも立たない。むしろ、その人を偏見の目で見たり、その人の人生の無駄な心配をした…

ミニマリストが幸せな理由。モノを持たない幸福論。

ミニマリスト的生き方が近年流行している。僕も完全なミニマリストではないけれど、モノはより少なくするのを心がけてきて、ミニマリストを意識している。 僕が思うモノがあることによる害を挙げてみる。 ・空間的コスト ・管理コスト ・心理的コスト まず、…

人生はシンプル。生きてるだけで丸儲け。

「生きてるだけで丸儲け」 これは明石家さんまさんの名言だ。この言葉で何度も気持ちが楽になった。僕は24歳。世間的にはまだ若い分類に入る自覚はある。なのになんでこんなに鬱屈としているんだろう。 別に幸せかどうかに若さは関係ない。でもやっぱり若…

完璧主義という難病。

完璧主義。生きていく上で非常にこの性格が邪魔をする。 例えば、読書をするとき、好きな本を好きなとこだけ読めばいいのに、その本全て目を通してかつ読みたい本に関連する本まで読まないと気がすまない。途中で飽きてきているのに完璧を求めて惰性で読んで…

生きづらさの原因。それは自己肯定感の低さ。

先日、生きづらさについて調べてみた。どうやら僕は自己肯定感が低いようだ。「このままでいいのか」「自分はダメだ」「誰かに迷惑かけてる」僕はいつもこういう思考回路に陥る。 自己肯定感の低さの原因は、幼少期の過ごし方によるようだ。確かに僕の親は小…

やっぱり僕はポジティブになりたい。

過去の記事を読み返してみた。このブログでは普段言えない僕の心の内正直に書いているんだけど、分かってはいたけど、相当のネガティブだ。 自己啓発本もたくさん読んだ。読んだときは何か変わった気がするけど、結局変わってない。思い返してみても24年間の…

明るい自分を演じるか、根暗な自分をさらけ出すか。

僕は友達によって自分のキャラが変わる。はっきり言うと、自分よりコミュ力が高く、レベルが高い人といるときは明るい自分を演じる。自分と同じくらいかそれ以下の人といるときは素の自分でいる。このブログ内の僕はもちろん暗い自分で、根暗でネガティブで…

成功者と比べても仕方がない。

僕は昔から人と比べてばかりだ。特にひどかったのは高校の頃。友達とテストの点数や友達の多さやコミュ力やイケメン度とか比べたり、異常に比べてばかりいて、落ち込むこともが多かった。 今では少し良くなったけど、ふと比べている時がある。最近気づいたこ…

過敏性腸症候群のせいでコミュ障になった。

僕は過敏性腸症候群のせいでコミュ障になった。いや逆か?コミュ障のせいで過敏性腸症候群になったのか?それとも関係ないのか?まぁなんでもいいや。 過敏性腸症候群は本当に辛い。特に辛かったのは中学時代の朝会。僕の中学は週に2回体育館で学年全体で朝…

地球が大爆発して全人類が一斉に死ねばいいのに。

地球が爆発して全人類が一瞬で死んで欲しい、これは僕が生きづらさを感じた大学時代から思っていることだ。 僕自身、人生楽しいこともあるけれど、めんどくさいことの方が多いし、いつ死んでもいいと思っている。ただ数少ない友達や家族は悲しませたくない、…

仕事辞めて引きこもってたら鬱っぽくなってきた。

僕は仕事を辞めてから週4でなんとかバイトをしているんだけど、仕事以外は完全に引きこもっている。理由は外に出る用事が特になく、若干鬱っぽくて人と会いたくなくてネットしかやりたいことがない。友達の誘いとかも断っていて友達がいなくなってきている…

ゆとりコミュ障の僕が都会派な3つの理由。

僕は雪深い田舎で育った、ゆとりコミュ障だ。仕事を辞めてからは東京に住んでいる。 そんな僕が断然都会派な理由は、 ①雪が降らなくて暖かい ②車がいらない ③人が多い の3点だ。 まず①について、僕は雪が大っ嫌いだ。僕の体質の問題だけど、男なのに冷え性…

楽そうだから公務員目指す人に言いたいことがある。

僕は大学四年の就活をしていた時、社会人になるのが本当に嫌だった。理由は、残業、人間関係、責任、これらが嫌だったからだ。それで、やりたい仕事もなかったが公務員ならサラリーマンの中でも楽でましな方だと思って公務員になった。 なんだかんだで就職し…

決裁回りとかハンコ回りがクソすぎる。

僕は決裁のハンコ回りが本当に苦痛だった。 まず、ハンコ回りが新人がやるという風習。あれなによ。自分が担当している仕事の決裁ならまだわかる。でも他の人がやった仕事の決済を取るのを新人だからとやらせるのは意味不。担当してないから中身説明できない…

オタクこそ最高のリア充だと思う。

熱中できる趣味を持っているだろうか? 僕は今、無我夢中になれる趣味がない。 でも今までで、人生を懸けたいと思うほど夢中になった趣味が2つある。 アイドルとゲームだ。ハマったきっかけや活動の詳細は今回の趣旨とは異なるので割愛。 どちらも人生の全…

青い鳥症候群って悪いことなの?

僕はもしかしたら、俗に言う青い鳥症候群かもしれない。 青い鳥症候群の語源は、貧しい木こりの兄妹、チルチルとミチルの、冒険の旅の御話。 ある日、「幸せが実現するという青い鳥」を探しに旅に出る。結局見付けられず、2人の放浪は終わる。旅を終え、家…

僕は一生フリーターでいい。笑いたい奴は嗤え。

僕は世間で安定と言われている公務員を辞めた。 週5勤務、人間関係、残業、社会で普通のことに適合できずに逃げた。 今僕は週4でなんとかバイトをしている。 生活費はぎりぎり。 世間からは、社会から弾かれた落ちこぼれと思われるだろう。 でも僕は落ちこ…

「ゆとりは甘え」とかいう老害は死ねよ。

「最近の若者は」、「新型鬱は甘え」、「ゆとりは使えない」 こういった、老害の若者批判を一度は聞いたことがあるだろう。 安心してください。 この先、古い考えの老害はどんどん死んでいき、我々ゆとりが中心の世の中になっていきますから。 そもそも老害…

20代はとことん迷走しろ。人生腐るぞ。

僕は大学を卒業して、公務員に就職した。普通のホワイト企業(少なくともブラックではないと思う)で人間関係も普通。 当時は安定した敷かれたレールを歩むことに疑問はなく、このまま一生大富豪ではないけど、平均以上のそこそこの給料で平和に人生を終えると…

公務員を辞めることが「もったいない」という幻想。

僕は公務員を辞めることを友達や親に言うと、必ず、 「もったいない」 と言う。 僕は言われた時に、「もったいないとは思わない」と強気で返していたが、やはり多少はもったいないと思ってしまう。 そこで、何がもったいないのか、真剣に考察してみた。 ・費…

学生時代の友達と会わなくなった。一期一会。

僕は友達が少ない。 ラインの連絡先も30人くらい。 そのうち、たまに連絡を取っているのは5人。 しかも連絡といっても年に1,2回しかしない。 でも僕はそれでいいと思ってる。友達関係はその都度切る。 一期一会がモットーなのだ。 別れは悲しい。でも人生…

退職を決意した、好きな言葉。「塞翁が馬」

「塞翁が馬」 この言葉を知っているだろうか。 そもそも読めない人も多いだろう。僕も最近知った。 「さいおうがうま」と読む。 意味は、 「人生、何が起こるか分からない。幸せや災いは予測できない。」 という意味。 由来は、 昔、中国の国境に要塞があっ…

死ぬほど病んでる時にどうしても聞いて欲しい曲。

僕は自殺しようと思うことがある。 そんな時、音楽を聞いて、何度も救われた。 僕みたいに豆腐メンタルな人にどうしても聞いて欲しい曲がある。 ・響〜HIBIKI〜 / EXILE 僕はEXILEが特別好きなわけでなく、たまたま知った曲なのだけど、この曲は僕にとって劇…

ゆとり世代万歳。

僕は究極体のゆとり世代だ。 ゆとりと言えば、 ・ストレスに弱い ・プライベート優先 ・言われたことしかしない ・ネット依存 ・恋愛離れ ・車離れ ・都会離れ ・ポケモン、デジモン、ガッシュベル ・ベイブレード、バトルエンピツ、たまごっち もっとあるけ…

大学に行く意味。

僕は大学では堕落しきっていた。高校までは厳しい部活と夜遅くまでの受験勉強の毎日で苦労した分、大学では、勉強はテスト前に過去問やるだけ、バイトは一年だけ、趣味のサークルは週1、基本昼夜逆転、という感じで、ありふれた堕落した大学生だった。 最近…

赤点無能の僕がセンター試験6割取れて国立大学に行けた話。

頑張ることが嫌いな僕が人生で1番頑張ったのがセンター試験だ。 高3当時、僕は、結構成績が悪かった。 理系なのだけれど、センター模試は大体4割。 センターは適当にマークしても大体25%は取れるから、4割というとかなり悪い。 国立大学なんか絶対に無…

彼女いない歴=年齢=24歳だけど質問ある?(笑)

僕は、彼女いない歴=年齢=24歳だ。 スペックは、170cm、63キロ、短髪、顔はイケメンでもブサイクでもない(そう自覚している)、今まで告られたことも、告ったこともない、絶食系男子だ。 一応、好きな人は出来たことはある。 付き合いたいと思ったことも…

残業ってホントにクソ。

公務員を辞める理由はいろいろあるけど、一番の理由は残業だ。 残業はホントにクソ。 残業だけはホントにクソ。 1分でもしたくない。 公務員が残業がないというのは全くのウソだった。 といっても部署によるし、定時退庁の部署もあれば、残業月100時間越え…

人生観を変えてくれた本。

僕は人生で本を読んだのは読書感想文ぐらいであった。 でも仕事を辞めようと決意してから自分でもなんでか分からないんだけど、本を読むようになった。多分、自分を変えようともがいた結果、読書に行き着いたんだと思う。 それでまだ読書を始めて半年くらい…

敷かれたレール。道なき道の歩き方。

僕は、 大学を出て、安定した職に就いて、マイカー買って、結婚して、子供作って、マイホーム買って・・・ といった敷かれたレールを歩むことが正義だと盲信していた。 でもこういった世間で一般とされているレールは戦後、高度経済成長期からバブル期までの…

公務員になった理由、そして辞める理由。

大学4年の時。僕は周りに合わせて就活を始めた。元々、幼い時から友達が少なくコミュ障なのは自覚していて、社会人にはなりたくなかった。 上司に怒られるのが本当に嫌だし、責任を任せられるのが本当に嫌だった。でも大学院に行くほど研究に興味もないし、…

生い立ち。自己紹介。

1990年代前半生まれ。ガチゆとり世代。 北海道の田舎に生まれる。兄弟は4歳離れた妹がいる。 幼い頃、北陸に引っ越す。 小学時代、親が離婚再婚離婚。 中学時代はクラスや集団行動に馴染めなくて死ぬほどしんどかった。 地元の自称進学校に進学。成績は悪か…

ブログを始めた理由。

ブログを書くのは人生初めてだ。 中学高校時代にちょっと流行って、やっている人はいたけど、僕は全く興味がなく、そもそも文章を書く事が苦手なので一生やることはないと思っていた。 始めようと思った理由は僕は公務員をやめようと決意してから人生論系の…