だるいから公務員辞めてみた。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるいから公務員辞めてみた。

真面目系クズ、コミュ障、社会不適合者、新型鬱。ホワイトで人間関係もよかったけど、働くのだるいから県庁辞めたゆとり世代。嫌いな言葉「残業」「努力」「責任」。

彼女いない歴=年齢=24歳だけど質問ある?(笑)

僕は、彼女いない歴=年齢=24歳だ。

 

スペックは、170cm、63キロ、短髪、顔はイケメンでもブサイクでもない(そう自覚している)、今まで告られたことも、告ったこともない、絶食系男子だ。

 

一応、好きな人は出来たことはある。

付き合いたいと思ったこともあったけど何もしなかった。

付き合うまでにメールして、会話して、デートして、っていう段取りをするのが面倒で非常に億劫だった。でも、いきなり「付き合ってくれ」なんて言う勇気もなかった。

なんで周りの人はそんなことができるのか不思議だった。

 

そして、僕はこの年になってようやく自分は恋愛に興味がないことに気づいた。

僕は周りが恋愛していたから、僕もしなきゃって焦ってたけど、別に恋愛なんて必ずしなきゃいけないことでないし、周りにあわせる必要がない、ってことに気づいた。

 

僕はひとりが好きで、コミュ障でかわいい女の子と話すのは緊張するし、そんな時間と労力があるならゲームがしたい、っていう人間だ。男友達とすら、長時間一緒にいるのは苦痛だし、ラインとかも溜めて寝る前に返すような人間だ。

 

恋愛なんて周りに流されてやるものではない。出来る人はやればいいし、別にしないと決め付けるわけじゃなく、したくなったらすればいい。今の時代、結婚が当たり前じゃなくなってきてよかったなあって思う。僕みたいな一人が好きな人が結婚に縛られずに生きやすくなってきて安心している。ちょっと前の世代に生まれたら、結婚しないと、なんでしないの?って周りから言われてた時代だから結婚するために労力を使っていたと思う。

 

生き方や働き方に多様な選択肢が生まれて自由に生きられる今がとても幸せだなあ、って思う。これからはもっともっと時代が加速するから楽しみだ。