だるいから公務員辞めてみた。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるいから公務員辞めてみた。

真面目系クズ、コミュ障、社会不適合者、新型鬱。ホワイトで人間関係もよかったけど、働くのだるいから県庁辞めたゆとり世代。嫌いな言葉「残業」「努力」「責任」。

ゆとり世代万歳。

僕は究極体のゆとり世代だ。

 

 

 ゆとりと言えば、

 

・ストレスに弱い

・プライベート優先

・言われたことしかしない

・ネット依存

・恋愛離れ

・車離れ

・都会離れ

ポケモンデジモンガッシュベル

ベイブレード、バトルエンピツ、たまごっち

 

 

もっとあるけどよく耳にするのはこんなところだろう。僕は田舎の濃い人間関係が嫌だから都会派だけど、それ以外はどストライクだ。

 

仕事面では、ちょっと注意されただけでも引きずってストレス溜まって過食しちゃうし、飲み会は時間の無駄だと思っちゃって行きたくないし、出世欲は皆無、言われたこと以外はめんどいからやらない、手が空いても仕事を振られないように真剣にやってるフリをする。

 

正直、なんで僕はこんなにクズなんだろう、って思っていた。

 

さらに僕は、恋愛や車に微塵も興味ない。でもこの年になると、周りで結婚したり、車買ったりする人が増えて、僕もやらなきゃって焦っていた。

 

僕は世間から浮いているって思って病んだこともあったけど、ネットでゆとり世代のことを調べているうちに、むしろ今の世代にマッチしていて自分の考えは正常だ、ということに気づいた。周りにあわせる必要は全くないし、僕は自分がクズだと思ってたけどゆとり世代の大部分の人がそういう感じなんだと知って楽になった。

 

世間からは叩かれやすい世代だけど、似た価値観の人が多いし、僕みたいに生きづらさを抱えた人が多いのもゆとり世代な気がする。古い価値観の老害はこの先どんどん死んでくし、生きやすくなることを期待して生きていこう。

 

 

 

ゆとり万歳。