だるいから公務員辞めてみた。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるいから公務員辞めてみた。

真面目系クズ、コミュ障、社会不適合者、新型鬱。ホワイトで人間関係もよかったけど、働くのだるいから県庁辞めたゆとり世代。嫌いな言葉「残業」「努力」「責任」。

退職を決意した、好きな言葉。「塞翁が馬」

「塞翁が馬」

 

この言葉を知っているだろうか。

そもそも読めない人も多いだろう。僕も最近知った。

 

「さいおうがうま」と読む。

 

意味は、

「人生、何が起こるか分からない。幸せや災いは予測できない。」

 

という意味。

 

由来は、

昔、中国の国境に要塞があって、そこにいるおっさんが飼ってる1匹の馬が逃げた。

かわいそうに思った人々が慰めてたら、おっさんが、

「このことが不幸になると限らない」と言った。

そしたら逃げた馬が優秀な馬を連れてやってきて、結果良かったね、って話。

 

 

そう、人生は予測できないのだ。

だから、将来を心配する必要がない。

 

実際、僕は半年前は公務員を辞めるなんて想像していなかった。

半年前はむしろ一生働こうと思っていた。

この半年で一生勤めることに疑問を感じ退職を決意した。

 

半年前は、次の転勤先とか来年入る後輩との付き合い方とか考えていたが、

今となっては、こんな心配は無意味となった。

 

退職を決意して以来、先の心配は無意味だと実感した。

 

 

子供の頃は無職には絶対ならないって思ってたけど無職になってしまった。

数年前は想像もできなかったことだ。

 

 

 

 

人生何が起こるかわからない。

 

まさに、塞翁が馬なのだ。