だるいから公務員辞めてみた。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるいから公務員辞めてみた。

真面目系クズ、コミュ障、社会不適合者、新型鬱。ホワイトで人間関係もよかったけど、働くのだるいから県庁辞めたゆとり世代。嫌いな言葉「残業」「努力」「責任」。

20代はとことん迷走しろ。人生腐るぞ。

僕は大学を卒業して、公務員に就職した。普通のホワイト企業(少なくともブラックではないと思う)で人間関係も普通。

 

当時は安定した敷かれたレールを歩むことに疑問はなく、このまま一生大富豪ではないけど、平均以上のそこそこの給料で平和に人生を終えると思ってた。

 

しかし、半年後、会社と家を往復する日々、くだらないデスクワーク、アフター5は残業でチャラ、土日は溜まった掃除洗濯、そんな生活に働く意味がわからなくなり、生きてる意味もわからなくなった。僕はネガティブで完全に気が滅入ってしまって自殺して死んだほうがましだって思った。

 

それから僕は辞職を決意するまでに人生について散々考えた。そして1年後、僕は世間体や常識に縛られず、自由に生きることに決めた。

 

大学を卒業し公務員になるまでは、家族や教師が敷いてくれた安定したレールがあった。でもこれからは道なき道を自分で切り開いていこうと思う。

 

 

僕は辞職してから、毎日迷走している。毎日どうやって生きていこうか頑張っていこうか四六時中考えている。

 

公務員を辞めて迷走している僕のことを笑う人もいるかもしれないけど、今は公務員時代より充実している。給料は少ないけど、時間がある生き方に満足しているし、自分の人生について頭をフル回転している時ものすごい集中力を発揮し真剣に考えている。これは今まで味わったことのない集中力だ。

 

 

20代は迷走していい。挑戦するのに遅いなんてない。何歳からでも切り返せる。だから、なおさら20代ならいくらでも失敗して、挑戦して、やりたいことをやればいい。舗装されたレールを歩んでれば老後も安心かもしれない。でもそのために今を犠牲にすることは僕にはできなかった。平和ボケした無能なおっさんにはなりたくなかった。

 

僕は今考えたいこと、やりたいことに没頭し、今を生きようと思う。お金がなくて不安じゃないのか、って思われそうだけど、将来のことなんて考えてもしょうがないし、30代になってから稼げばいいやって感じで適当に思っている。

 

仮にこのまま貧困で病気になって大金が必要になって、病院に行けなくなったりしたら、しょせん人生暇つぶしで意味ないんだし、死ねばいいやって思ってる。

 

 

僕は極論、働かない生き方が将来当たり前になると思っている。(楽観し過ぎかもしれないが。)だって会社員のほとんどが生きているのが辛そうに見えるから。僕みたいに少ない収入でいいから自由に生きたいって人が増えると思う。

 

 

汗水垂らして会社に貢献する時代は終わりだ。

 

とりあえず安定した職に就いて、やりがいもないけどなんとなく働いてる人、働く意味や生きる意味がわからなくなった人、20代はとことん迷走しろ。世間体や常識から抜け出し生きたいように生きろ。今迷走しなきゃいつするんだよ。

人生腐るぞ。 (と自分に言い聞かせてます)