だるいから公務員辞めてみた。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるいから公務員辞めてみた。

真面目系クズ、コミュ障、社会不適合者、新型鬱。ホワイトで人間関係もよかったけど、働くのだるいから県庁辞めたゆとり世代。嫌いな言葉「残業」「努力」「責任」。

僕は一生フリーターでいい。笑いたい奴は嗤え。

僕は世間で安定と言われている公務員を辞めた。

週5勤務、人間関係、残業、社会で普通のことに適合できずに逃げた。

 

今僕は週4でなんとかバイトをしている。

生活費はぎりぎり。

世間からは、社会から弾かれた落ちこぼれと思われるだろう。

 

でも僕は落ちこぼれてでも、どうしても自分のやりたいこと、好きなことを仕事にしたい。

今はそのやりたいこと好きなことを探している。そのために、いろいろなことに挑戦している。行動力は昔からないけど、こうやってブログをやってみたり、youtubeに動画投稿してみたり、強度のコミュ障だけど人と会ってみたり。

 

こういうのを自分探しっていうのかな?大学生の時は自分探しとかダサいって思ってたからあまり自分探しとは認めたくない。(笑)

 

まあ、結果的にやりたいことは見つからないかもしれない。でも何もしないより、いろいろもがいた結果、やりたいことが見つからなかったなら自分で納得できる。

そして、もしやりたいことが見つからなかったら、責任感、人間関係、残業が付きまとうサラリーマンは僕には無理だから一生フリーターでいいと思ってる。物欲はないし、友達もいないから金はそんなにいらない。病気になったときが心配だけど、病気になってから考えよう。

 

 

落ちこぼれで迷走している僕のことを嗤う人もいると思う。

でも、20代の今、若さを武器にやりたい放題やるしかない。

後悔はしたくない。いつか、好きなことを仕事にするためにいくらでも迷走しようじゃないか。