だるいから公務員辞めてみた。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるいから公務員辞めてみた。

真面目系クズ、コミュ障、社会不適合者、新型鬱、AC。働くことがだるくて県庁退職を決意。自由でありたい。

「没頭」のパワーは人間の三大欲をも凌駕する。

没頭を経験したことがあるだろうか。

 

僕は没頭経験者である。没頭のパワーは本当に恐ろしい。

僕が大学2年の夏休みだった頃、とあるオンラインゲームに没頭した。

 

その時体験したのは人は没頭すると、人間の三大欲すらも凌駕するということだ。三大欲とは「睡眠欲、食欲、性欲」のことを言う。

 

 

 

[睡眠欲]

ゲームに熱中しすぎて夜更かしの経験は誰しもあると思う。でも僕は夜更かしどころか、昼夜逆転して、さらに反転して、夏休み中は16時寝22時起きがデフォというゲーマーに仕上がっていた。ゲームがやりたすぎて睡魔が全く襲ってこなかった。最高43時間寝ずにゲームしていた日もあった。

 

 

[食欲]

 食欲も全く襲ってこなかった。食べても味がしなかった。とりあえず食パン3枚くらい胃に放り込ん食事終了って感じだった。元々は食事量は多い方で65キロくらいあった体重が休み期間で勝手に5キロほど落ちた。休み明けは元に戻ったけど。

 

[性欲]

 こちらも全く湧いてこなかった。普通の大学生ならエッチな動画とか見るんだろうけど、そんな暇があったら少しでもゲームがしたくてたまらなかった。

 

 

 

結局そのゲームはそこそこ強くはなったけど、そのスキルは人生で全く役に立っていない。(笑)

 

あえて言えば、没頭というフロー状態?を経験ができたことはよかったのかもしれない。

 

このぐらい仕事に没頭できれば人生楽しいと思う。

ただやはり一般的な会社勤めではゲームやギャンブルのような没頭する要素が少なく、没頭は難しいと思う。だから好きなことを仕事にしている人は強い。

 

稼ぎがいいとか悪いとかは関係ない。没頭できるかどうか。そこに焦点を当てて仕事をしたい。