だるいから公務員辞めてみた。

だるいから公務員辞めてみた。

真面目系クズ、コミュ障、社会不適合者、新型鬱、AC。働くことがだるくて県庁退職を決意。自由でありたい。

終わらない自問自答。退職を言い出せない唯一の理由。

毎日、辞めたすぎてもう限界だ。いつも家に帰ると、まだやれるかって思うんだけど、次の日はやっぱり辛い。

 

 

さっさと、辞めたいって言えばいいのにどうしても言えない。

 

 

 

辞めたあとの将来のこと、お金のこと。これらはもう様々な角度からアプローチした。そして絶対どうにかなる確信がある。

 

世間の目、家族友達の反応。これらも気にしないで生きていける自信がある。

 

 

でも、ただ1つ、嫌われる勇気がない。

 

今辞めたら、仕事量も多く、半端なく迷惑がかかる。

 

法律とか辞める権利とか持ち出せば辞めることは簡単だろうけど、そこまで非情にはなれない。むしろ仕事量が増える上司に同情してしまう。

 

 

迷惑かける、申し訳ない、嫌われたくない、、、

 

 

この感情だけがどうしても邪魔をしてくる。

 

 

僕も僕で、労働条件は別に悪くないのに、ここまで辞めたいと思うのもどうかと思う。僕が上司だったらアホだと思う。

 

でもやっぱり、仕事はだるくて、意味わかんなくて、興味が全くなくて、人生を浪費しているとしか思えなくて、その思考回路から抜け出せない。死ぬほど辞めたい。

 

 

 

いつまで苦しめばいいんだ。

 

 

辞めると言い出すか、病み続けるか、年末まで耐えるか、、、、

 

 

 

終わらない自問自答。

 

 

 

 

答えは出ない。。。