だるいから公務員辞めてみた。

だるいから公務員辞めてみた。

真面目系クズ、コミュ障、社会不適合者、新型鬱、AC。働くことがだるくて県庁退職を決意。自由でありたい。

ゲームには生産性が無いが、「幸せ」という最強の付加価値がある。

ゲームはよく、生産性がない趣味と言われているが、「幸せ」という最強の付加価値がある。

 

 

 

 

 

僕は、ゲームは生産性がない趣味だから時間の無駄だ、とか思ってた時期があって避けてたこともあったけど、考えが一変した。

 

 

 

 

 

 

ゲームは確実に僕を幸せにする。

 

ゲームをしている時に最高の幸福を感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

生産性とか、利益とか、そんなことはどうでもいい。

 

 

 

 

 

 

 

生産性を求めるなら、プロゲーマーになったり、ゲーム実況をやって稼ぐことは可能だから、それが向いてる人ならいいと思う。

 

 

 

 

でも僕には実況はあまり向いていないようだ。以前、実況動画を試しに撮ったことがあるけど、話が続かなくて、面白くなかった。

 

 

 

 

好きなことで金が稼げれば一番いいんだけど、そんなうまい話はやっぱりなかなかなくて、それを追い求めて苦しむよりは、金にならなくても没頭できる趣味を持っているだけで充分だなぁと思った。

 

 

 

 

 

引きこもろうが、オタクだろうが、幸せならそれでいい。

 

 

 

生産性は全くないゲームだけど、幸せという最強の付加価値がある。

 

ネガティヴな人にとって、没頭こそが最強の処方箋なのだ。