だるいから公務員辞めてみた。

だるいから公務員辞めてみた。

真面目系クズ、コミュ障、社会不適合者、新型鬱、AC。働くことがだるくて県庁退職を決意。自由でありたい。

学生時代に退学を経験している人は無敵だと思う。

僕は大学を卒業するまで22年間、親や先生の言うとおりに生きてきて、特に大きな失敗をせずに生きてきた。

 

中高生時代は学校や部活を辞めたいこともあったけど、周りの目を気にして決断できなかった。

 

大学受験の時も田舎だったので浪人という選択肢がなかった。入学してからも休学や留学などして何かに挑戦するチャンスはあったのに何もしなかった。

 

 

結局、僕は学生時代22年間、敷かれたレールに乗っかていただけだった。それだから今社会に出て、人生に迷走して、レールから外れる恐怖と戦いながら生きている。

 

これがもし、学生時代に退学あるいは浪人や留学、休学といった、普通に22年できっかり卒業するレールからちょっと寄り道してみたり、常識破りな行動をしていたなら、ブレない自分の軸を持っていると思う。

 

今迷走しているのは学生時代に常識破りの行動をせずにただただ大人の言う通りにしてきた代償かもしれない。

 

 

 

 

 

学生時代はクラスメイト、友達、部活仲間、先輩後輩、担任、親、近所の人、、、多くの人から縛られている。

 

学校を辞めることは会社を退職するよりはるかにハードルが高い。

 

 

だからそういう経験がある人は強い。

 

 

不登校や引きこもりといったネガティブな理由だとしても、その人生経験は安全にレールに乗っかって生きてきた人よりはるかに強靭なものである。

 

 

 

 

クビ、鬱、破局・・・、失敗を恐れて安全に生きてきた社会人はいざ挫折した時に詰む。

 

 

 

今の僕が失敗や挫折をしたってリスクはない。なにをやろうが無償だと言い切れる。

 

 

 

 

 

人生を切り返すポテンシャルは誰にでもある。

 

チャンスも誰にでも与えられている。

 

 

 

 

 

 

だったら今、動くしかない。

 

 

 

 

 

 

 

何度言い聞かせても不安が襲う。

 

 

 

 

 

 

自分の気持ちに正直に生きたいんだ。

 

 

ずっと縛られてた世間体や常識を蹴破りたいんだ。

 

 

 

 

過去を振り返るのはもう十分だ。先の心配をするのはもうたくさんだ。

 

 

 

あと3ヶ月の辛抱だ。頑張れ俺。