やがみんの日記。

やがみんの日記。

92年生まれ。体調記録、雑記ブログ。不安、パニック、摂食、強迫性、AC。

早期退職が絶望という風潮。

早期退職、しかも精神疾患で無職になることが情けなく自信を失ってしまう。

 

もう限界で未練はないが辞めた後どうなるんだろう。

 

空白期間があるのに職に就けるのだろうか、就いたとしても続けられるだろうか、貯金が減っていく恐怖に耐えられるだろうか、、、。

 

仕事上の取引で、色々な業者や外部の人を見てきたけど、仮にどの職に就いたとしても絶対に長続きする気がしない。

仮に興味があって好きな仕事をしたとしても、ちょっとしたら飽きてまた精神疾患で退職になりそう。

 

 

 

 

 

また社会には、 鬱=甘え、早期退職=社会不適合者、みたいな風潮があって絶望感で辛い。

 

 

何事も長続きしない性格でこの先大丈夫だろうか。

 

 

 

 

三年離職率753とよく言うが、早期退職自体はそこまでマイノリティではないのかもしれない。

 

でも離職率の低い恵まれた職場ですら続かなかった事実と精神疾患になり次のあてがなく、実家暮らしのあてもないのが自分としてはかなりダメージがでかい。

 

 

都合のいい言い訳を並べてなんとか前向きに取り繕ってはいるが、ふと自分のクズさに絶望している。

 

 

 

 

最近は資格の勉強を始めたけれど、勉強に集中している時はあまり絶望感に襲われることはない。それでもふと考えると立ち直れなくなる。

 

 社会が悪い、親が悪いとは思っていながらも流石にこの年になると言えなくなる。自分でなんとかするしかない。

 

 

 

ネガティブなことは考えないようにしよう。

頭に浮かんだらすぐ排除。

 

今は精神安定第一。

 

過去は振り返らない。前に進もう。