やがみんの日記。

やがみんの日記。

92年生まれ。新卒公務員→精神障害。雑記ブログ。

【退職】保険や年金の切り替え方、挨拶回り、菓子折りは必要?

早期離職したゆとり世代やがみんです。

 

辞めるまで周りに相談できる友達もいなく、諸々の手続きが不安で悩んでいた時期があったので、誰かの参考になればと思い、備忘録も兼ねてまとめておきます。

 

 

 

 ①辞め方、辞めるまでの手間

辞め方は直属の上司に退職する旨を言うだけです。

すると、向こうで勝手に上役まで話を進めてくれます。人事や総務にも上司から話すことになります。

退職願いも向こうから様式をくれました。

退職金、辞めた後の保険の継続等、よく分からなかったのですが向こうから教えてくれたので助かりました。

 

 

国民健康保険の切り替え方

役所の窓口に「失業したので切り替えたい」と言うだけでOK。

渡された紙に必要事項を書くだけ。

混んでなければ10分で終わります。

その場で保険証がもらえます。

ちなみに免除できるか聞きましたが、僕の地域では免除対象ではありませんでした。

 

 

国民年金への切り替え方

健康保険同様、役所の窓口に言えばOK。

こちらもすぐ終わりました。

免除対象だったので免除申請もしました。

 

 

④失業手当、退職金

公務員は退職金がある代わりに失業手当がないのでハローワークには行かずに終わりました。

退職金といっても2年半しか勤めてないので雀の涙ですが。

 

 

⑤挨拶回り、菓子折りは必要?

挨拶回りは上司と相談し幹部だけにしました。

基本的には各部署回ることが多いようです。

菓子折りはお世話になったので最後の日に持って行きました。

迷ったら持っていけば間違いないでしょう。

 

 

 

 

  

 

余談

人事異動を見ると、うちの組織では月に1人くらいのペースで辞めてますし、年度末には数十人辞めていきます。

40代50代で辞める人も多いです。

また、残念ながら自殺や失踪も多いです。

部署が違う知っている人も亡くなりました。

精神疾患で休職してる人も結構います。

 

組織全体で見ると休職や退職はよくあることなんですが、働いている時は周りが見えないんですよね。。